その他の注目点

ECサイト構築のサポートをしてくれるサービスを選ぶならば、WEBマーケティングに精通しているかどうか確認しましょう。これはとても重要な問題です。ECサイトを完成させてそれを公開したとしても、そこにアクセスしてくれなければ意味がありません。アクセス数を高めるためにはWEBマーケティングについて考えることがとても大切です。分かりやすい内容となっており、さらには検索エンジンでも上位にいきやすいサイト構成となっているのかも重要です。このような点をきちんと意識してサイト構築してくれる業者を探しましょう。

調べるまた、これまでの実績についてきちんと調べておきましょう。実績が豊富にある業者であれば信用できるからです。これまでにほとんど実績のないような業者は利用するべきではありません。また、どのような業界のECサイトを構築してきたのかもチェックしましょう。業界ごとにECサイトに求められる要素は異なります。自社の属する業界のECサイト構築で実績のある業者を利用しましょう。

見積りをもらうことはとても大切です。その際に安すぎる場合は注意しましょう。まともなECサイトを構築してもらうならば、ある程度の費用がかかるのは仕方のないことです。それが安すぎるということは、サービスの質が悪い可能性があるからです。

稼働率をチェック

ECサイト構築のサービスでは、サーバーの稼働率について注目してください。これはサイトを安定して運営していくためにとても重要なポイントとなるのです。ECサイト構築をサポートしてくれる業者は、そちらでサーバーの準備をしてくれることが多いです。しかし、きちんと稼働しないサーバーを提供されてしまっても、そのECサイトはまともに稼働しなくなるでしょう。

サーバーの稼働率サーバーの稼働率というのは文字通りサーバーがどれだけ稼働しているのかを示しています。もちろん100%が望ましいのですが、これは原理的に不可能でしょう。それでも99.99%以上の稼働率を実現しているようなサーバーは存在しています。そのような稼働率の高さに注目してみましょう。

年間の稼働率について、99.9%の場合は8.9時間稼働しなくて停止した状態となります。これが99.99%の場合には年間にサーバーが停止する時間は50分から80分程度となるのです。このようにちょっとした稼働率の違いでも年間を通して考えるとかなりの違いとなります。サーバーが稼働していないときにサイトにアクセスをした方は、それによってサイトをすぐに離れてしまいます。これでビジネスのチャンスを失ってしまったことになるのです。これはとてももったいないでしょう。サーバーの稼働率はとても重要です。

推奨リンク→→ECサイト構築のサービス_MODD
稼働率99.9%の安定稼働を実現しています。

ECサイトをつくる

これまでは会社が商品やサービスを提供する際には、実際に店舗で販売をしたり、営業マンが自宅や会社などを訪問して売り込むというのが一般的でした。しかし、このようなやり方というのは効率が悪かったです。そこで最近ではネットを用いてビジネスが行われるケースが増えています。たとえば通販サイトはその代表的な例といえるでしょう。通販サイトに個人の消費者がアクセスをして、そこで欲しいものを注文して自宅まで届けてもらうことができます。このようなサイトのことをECサイトと呼びます。

ECサイトECサイトというのは自社の商品やサービスをネット上でサイトを運営して販売することができるというものです。さまざまな業界の会社がECサイトの運営をしています。たとえばオンライン書店があったり、ネット配信で動画や音楽を配信するというサイトもあります。ダウンロード販売をするというサイトもあるのです。さまざまなタイプのECサイトが登場しており、それを個人の消費者や企業が利用しています。

このようなECサイトを会社で展開したいと考えているケースは多いでしょう。そんなときにはECサイト構築のサービスを利用するケースが多いです。ECサイトの構築というのは専門性の高いものであり、自社では対応できないというケースが少なくないからです。こちらではECサイト構築のサービスの選び方のポイントについて解説します。数あるサービスの中から一体どこを利用するべきなのかを教えましょう。